現在スタッフ募集中!キャリアアップしたい方から未経験の方まで大歓迎!お気軽にお電話ください!

訪問介護・相談支援・介護支援・ケアマネジャー・福祉用具・移動支援・自費サービス ケアサービス ダンデライオン

ケアサービスダンデライオン
電話番号
電話番号
お問い合わせ
アクセスご案内

採用情報

スタッフからのメッセージ

共に働き共に学ぶ。何かあればすぐに相談できる、問題があれば、チーム一丸となって解決する、
そんな『第二のホーム』のような温かくイキイキとした職場作りを私たちは心がけております。

荒木 隆二 サービス提供責任者

新しい可能性を見つけられる職場です。

 短大を卒業後、工場勤務をしていました。当時の彼女だった今の妻が、福祉の仕事をやっており、勧められるままに福祉に関わって10年が経ちました。
 今までは、別の会社でサービス提供責任者兼ヘルパーとして、たくさんの利用者様の支援をさせて頂き、色々な経験を積みました。
 ダンデライオン入社後は、福祉用具部門に配属されました。初めはわからない事ばかりで戸惑いながらの日々をおくりましたが、現在はその知識を活かしながら居宅介護のサービス提供責任者として利用者様の日々の生活が安心・安全に過ごせるよう努めております。
 資格取得の為のフォローもしっかりしており、おかげで介護福祉士の資格を取得出来ました。
 スタッフ同士とても仲が良く、わからない事を気軽に話し合える職場で、年に1回の海外への社員旅行も、モチベーションの1つになります。 ダンデライオンに入社して良かったと心から思います。

鈴木 達也 社員ヘルパー

この仕事を選んで本当に良かった。

 障がいを持つ母親の支援にダンデライオンのヘルパーが長い間支援に入ってくれていました。
 ダンデライオンのヘルパーが来てくれてからは、普段沈みがちな母親が笑顔を見せるようになり、大声で笑うことが増えてきました。
 幼少期からそんなヘルパーさんを見て『大人になったら、こんなヘルパーさんになりたい!』とだんだん思うようになり、高校を卒業と同時に面接してもらいました。先輩ヘルパーさんは厳しい時もありますが、いろいろ丁寧に教えてくれ、経験のなかった僕でも利用者さんに寄り添った支援ができるようになりました。
 まだ入社して2年目の若輩者ではありますが、利用者さんが笑ってくれ、笑顔を見せてくれた時には本当にうれしくなり、この仕事を選んで本当に良かったと思います。
 ぜひ一緒にダンデライオンでたくさんの笑顔を探しにいきませんか!!

古賀 紀陽 訪問介護 管理者

この仕事を続けることが出来てとてもよかったと実感。

 ダンデライオンに就職して、サービス提供責任者として初めて勤務し始めました。全く責任者としての経験がなかったのですが、サービス提供責任者が5人おり、先輩サ責に丁寧に教えていただくことができ、安心して業務に携わることが出来ています。
 毎日利用者さんに『ありがとう』と声をかけていただく度にこの会社でこの仕事を続けることが出来てとてもよかったと実感しています。

杉信 晶 福祉用具 管理者

楽しいだけの職場ではありませんが、楽しくできる職場です。

 ダンデライオンで働く前は全く違う分野の仕事をしていました。正直、興味すらありませんでした。
 ある時、親の介護や制度の件で悩んでいたところ、知人がダンデライオンを紹介してくれました。
利用者でもない親のために忙しい中、親身になって様々なアドバイスをしてくれました。おかげで親も私も心から感謝しました。
 その時、介護という仕事の認識が180度変わりました。この会社の人達と働くことができたら、支援を必要とする人もかかわった人、更に自分も心から笑顔になれるのではないかと思い、今は管理者として働いています。
 確かに、苦しいことや悲しい事はたくさんありますが、スタッフみんなが支えあい、その結果利用者さんやそのご家族から「ありがとう」の言葉と笑顔をもらうとスタッフも自分も笑顔になります。
 これが本当の心からの笑顔なんだと実感できる瞬間です。

柳田 久美子 相談支援事業 管理者

家族の声にも耳を傾け寄り添ってくれる事業所。感謝しています。

 10数年、家族の介護を続けてきて、仕事をしながら面倒をみるのが難しい状況になり、介護離職をしました。そんな中、自身も難病を発症し、数カ月入院しました。今も病気と闘っています。
 介護をするために生活をしている毎日の中で限界を感じ、社会ともかけ離れ、自信喪失に陥っている時に、家族の介護にダンデライオンのヘルパーさんが入って下さるようになり、社長と出会いました。
 たくさんの事業所さんの中、介護内容も十分に把握され、利用者本人だけでなく家族の声にも耳を傾け、寄り添って下さる数少ない事業所さんでした。現在も引き続き家族の介護でお世話になり、温かい対応をしてくださっています。自身の病気についても職場配慮を十分にして下さり、大変働きやすい環境で、感謝しています。利用者の家族ですので、サービスを受ける側の気持ちが本当によくわかります。
 今迄の家族としての経験だけでなく、専門職として福祉の仕事に対応が出来るように、福祉系大学に編入し、来年は社会福祉士の資格取得に臨みます。
 利用者側の立場に立ち、制度や資源を有効活用して、安心して居宅で生活が送れるように、相談員として邁進して参りたいと思っております。